食べる 学ぶ・知る

「さんま祭り」オンライン開催へ サンマがテーマの落語・料理実演も

「目黒のさんま祭り」過去開催時の様子

「目黒のさんま祭り」過去開催時の様子

  • 0

  •  

 「さんま祭り」が10月10日、オンライン配信イベント「オンラインさんま祭り2020」として開催される。主催は「魚をさばく」を通して、海洋環境の保全や海の食文化の継承を目指す「日本さばけるプロジェクト実行委員会」(千代田区)と日本財団(港区)。

 「目黒のさんま祭」をはじめ、「水元公園さんま祭り」「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」など、首都圏を代表する「さんま祭り」が相次いで中止しているため、今回はZoomを使いオンライン限定でイベント開催することが決まった。

[広告]

 「さんま祭り」の伝統と、「魚を愛する人々」の思いと連帯感を維持・発展させることを目的とした同イベント。第1部(16時~17時)と第2部(17時~18時)の2部で構成。第1部では、古典落語の名作「目黒のさんま」にちなんだ「オンラインさんま寄席」として、落語家・鈴々舎馬るこ(れいれいしゃまるこ)さんによる新作落語を披露。さらに「オンラインさんまトーク -さんまを語ろう!-」と題して、環境科学者・気象予報士の井出迫義和さんをモデレーターに、タレントの水野裕子さん、鈴々舎馬るこさん、同実行委員会委員長の服部幸應さんが、サンマの魅力やおいしい食べ方などについてトークを繰り広げる。

 第2部は「オンラインさばける塾」とし、国際クッキングスクール副校長の内堀恵子さん指導の下、水野さんがサンマをさばき、オリジナルレシピ「さんまのトマトソースソテー」を調理する。ライブ配信を通じて、魚料理が苦手な人にも安心して調理できるように指導を行っていくという。

 参加無料。オンラインイベント参加希望者は、専用チケットサイトから事前申し込みが必要。

  • はてなブックマークに追加