見る・遊ぶ

琵琶湖博物館10月10日リニューアルオープン 「古代湖」琵琶湖の魅力を伝える

世界初の「半骨半身標本のツダンスキーゾウ」

世界初の「半骨半身標本のツダンスキーゾウ」

  • 0

  •  

 琵琶湖博物館(草津市下物町)が10月10日、6年間にわたるリニューアル工事を終えてグランドオープンする。

 湖をメインにした博物館として1996(平成8)年に開館した同館は、淡水生物や琵琶湖の自然などについて展示している。2016(平成28)年に第1期として、微生物の巨大模型を展示する「マイクロアクアリウム」や、バイカルアザラシが泳ぐ姿を見ることができる「古代湖の世界」などをリニューアルした。2018(平成30)年には第2期として子どもにとって「博物館の入り口」となる体験型展示の「ディスカバリールーム」、実際に標本やはく製を調べることができる「おとなのディスカバリールーム」、琵琶湖に突き出した空中遊歩道「樹冠トレイル」をリニューアルした。

[広告]

 第3期で全てのリニューアルを終え、7月11日にグランドオープンする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になった。3期リニューアルでは、400万年の歴史を持つ「古代湖」である琵琶湖や生き物の変化を展示する「A展示室」に、新たに右半身は骨格標本、左半身は生体を復元した世界初の「半骨半身標本のツダンスキーゾウ」を展示する。B展示室では、人は自然とどのように向き合ってきたのかを紹介。竜をナビゲーターに琵琶湖を中心とした環境史をたどる。AR(拡張現実)技術で、江戸時代の琵琶湖に浮かぶ丸子船を再現するなど、最新技術を生かした展示もある。

 琵琶湖博物館広報担当の福井ゆめさんは「3カ月遅れのお披露目となったが、ようやくグランドオープンを迎えることができる。日本最大の湖で、世界有数の古代湖でもある琵琶湖は、魚や貝、動物、そして人とその文化と関わり、互いに影響を受けてきた。リニューアルした新琵琶湖博物館でそんな『びわこのちから』を体感していただければ」と呼び掛ける。

 開館時間は9時30分~17時。当面の間、新型コロナウイルス感染予防対策のため、10時~16時30分に短縮している。月曜休館。9月4日までは保守点検のため休館している。

(びわ湖大津経済新聞)

  • はてなブックマークに追加